欧州は優先権を重視するのでラウンドアバウトが馴染んでるというのは、ドイツとイギリスを見るとなるほどなんだけど、優先権以前にかルールが無いかのようにハチャメチャらしいイタリアとかベルギーって、なんでだいじょうぶなのか謎><;

ラウンドアバウト、ETS2で練習するのが一番かも>< 欧州の自動車教習の教官の人の実車のラウンドアバウト解説動画見てからやると「なるほど!!!!><」ってなるかも><(なった)

欧州の場合、歩行者、自転車、廻ってるクルマ(外側、内側)、入ってくるクルマ の順で、
ウィンカーが重要なのも、例えば(左側通行では)、廻って自分の所に来てるクルマが左ウィンカーを出していて障碍が無さそうであれば(普通の交差点の右方の左折車と同様に)進入しても、だいじょうぶそうってなる><

ていうか、ラウンドアバウトって欧州の優先権を重視した交通事情にバッチリなものなので、優先権を意識して考えると普通の交差点より楽々使えるけど、優先権無視すると「これどうすれば・・・」ってわけがわからない道路になっちゃうっぽい><

ラウンドアバウト進入前一旦停止って欧州のルールからすると奇妙だし、そこは改正された気が><(欧州では「譲れ」標識が立ってる><)

そういえば、日本でのラウンドアバウト進入時のウィンカーって結局どうなったんだろう?><(イギリスとかだと、ラウンドアバウト全体を普通の交差点と見なす、例えば右折するのであれば右ウィンカーで進入、左折(というか最初の出口から出る)場合は左><(ラウンドアバウトでの道交法改正前は、必ず左折ウィンカー進入という欧州から来た人が走ったら事故に繋がる可能性が高い危険な状態で仮導入という酷いことになってた><(ていうか長文過ぎる><;)))

orange さんがブースト

広がるラウンドアバウトに「教習所の指導員も未経験」という課題 特殊な通行方法どう周知 | 乗りものニュース trafficnews.jp/post/81475

仮設ラウンドアバウトはいいね。この前の北海道での地震みたいな大規模停電時とか役に立ちそう。
#防災

これどういう順番かというと自分で判断/推定する事(考えるトレーニング?)を重視する順番><(推定して答え合わせするの大好き><;)

オレンジの好みの順番(つまりデザイン的正しさとは全く別)では、
時分(短いフォーマット)、マグニチュード、震源の深さ、陸地からの距離/海岸からの距離、震央、計測震度、震度、詳細時間(長いフォーマット)、緯度経度震源の深さ(再)、追加情報
かも><

orange さんがブースト

M7.0で最大震度2、津波あります

みたいな地震に対応出来ない

orange さんがブースト

震度は実際に震度計のある地域での揺れだから、遠くで大地震起こった時とか対応出来ないので、必ずマグニチュードと併記したほうがよい(というかオレオレ意見)

orange さんがブースト
orange さんがブースト

情報を知りたい順番で順序よく簡潔に流すのが大事だと思うんだよねー

orange さんがブースト

個人的には、マグニチュードもいまいち被害状況と関連しにくく感じてて、震度の方を先に出して欲しいとか思ってしまう。自分が揺れていないことで近いか遠くか分かるのと、TLが時系列なら今流れてる情報が今のものだから、「震度・場所・津波・時間とかマグニチュードとかその他」ぐらいの表示順でも良いと思っていたりする。

orange さんがブースト

地震botの投稿フォーマットメモ もっと見る

orange さんがブースト

こんな時間ですけど独断と偏見によるMastodon記事を書いた
古いマストドン記事を参考にしている人たちへの誤解を解きたいというやつです

これからマストドンを始めたい方へ・マストドンのよくある誤解 - XM2LOG. xm2de.goat.me/bmEQaDMmRy #goat_blog

その言語読める人が誰か代わりに読んであげればいいのにみたいにオレンジは思うし、オレンジは読めない言語でも代わりに読んであげようとすることあるかも><(読めるとは言ってない><(?><;))

マストドンのシステム的な振る舞いの話で、Ruby使う人が「ここ、こうなってるし、こうじゃないの?」みたいに、実際のマストドンのコードを指してあれこれ言ってるの見たこと無くて謎><(Ruby界隈ってそういう文化じゃないのかも?><)

もっと見る
:realtek:

思考の /dev/null